2010年02月01日

里見が女流名人奪取に王手(産経新聞)

 将棋の清水市代女流名人(41)=女流三冠=に高校生棋士の里見香奈倉敷藤花(17)が挑戦している第36期女流名人位戦五番勝負の第2局は、31日午前9時から千葉県野田市の「関根名人記念館」で行われ、午後4時33分、138手までで後手の里見が勝ち、タイトル奪取にあと1勝とした。第3局は10日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で行われる。

【関連記事】
里見が2連勝で倉敷藤花を初防衛
清水が女流王位を奪還、女流3冠に 将棋
清水が3連覇 将棋の女流王将戦第2局
前代未聞!将棋の女流王位戦で反則負け
初心者も上級者も楽しめるミニ将棋「どうぶつしょうぎ」

首相動静(1月26日)(時事通信)
レンタルCD詐取の母子、名前8回変え返却せず(読売新聞)
財政再建目標、議論スタート=国家戦略室の検討会(時事通信)
事務所から2000万円押収=一斉捜索で東京地検−小沢氏資金、広範に捜査(時事通信)
最優秀論文に「防災学習」など=東京書籍教育賞(時事通信)
posted by フクイ シュウゾウ at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東海道新幹線 乗客缶詰めなぜ 「再開遅れる」避難見送り(産経新聞)

 東海道新幹線で起きた29日の停電で、駅間に停止した5列車の車内に、約3100人の乗客が約3時間半にわたって閉じ込められた問題で、JR東海は「結果的に運転再開が遅れる恐れがあった」として、乗客の避難を見送ったことが30日、分かった。

 駅間に停止した新幹線のうち、最も駅に近かったのは新横浜−小田原間の上り線に止まったひかり514号。先頭車両から新横浜駅まで約1キロと、歩いても30分かからない程度の距離だった。

 在来線では、止まった電車から乗客が線路に降りて歩いて近くの駅に向かうケースが時折見受けられる。JR各社によると乗客の案内について明確な規定はなく「安全を最優先し、時間帯や列車の状況、経路に応じて最もいい手段を選ぶ」という。

 中越地震では、脱線した列車を含め5本の上越新幹線に閉じ込められた約1500人の乗客が最長で約6キロを歩いて避難している。

 JR東海の担当者は「乗客を降ろした場合、全員が線路外に出たことが確認できなければ運転を再開できない。結果としてより多くの乗客が遅れてしまう恐れがあった。状況を総合的に判断した」と話している。

大逆事件 管野スガの書簡見つかる 幸徳秋水の無罪訴え(毎日新聞)
<裾野市長選>大橋俊二氏が5選(毎日新聞)
清掃センター資源ごみから数十万円分の紙幣(読売新聞)
JR東海、リニア海外展開へ 米国で事業化調査(産経新聞)
<小沢氏聴取会見>説明責任「果たしていない」 地元にも厳しい声(毎日新聞)
posted by フクイ シュウゾウ at 09:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。