2010年02月02日

国際児童文学館 資料搬出始まる(産経新聞)

 大阪府の財政難による見直しで昨年12月末に閉館した府立国際児童文学館(吹田市)で28日、約70万点の資料や蔵書を府立中央図書館(東大阪市)に移す搬出作業が始まった。3月下旬まで続けられ、移設先での公開は5月上旬の予定。

 この日朝から、業者が専用のラックに蔵書を次々と移し替え、2トントラックに積み込んだ。作業を見守った遠藤純主任専門員(41)は「文学館をつくった方々の思いを感じるだけにこの日を迎えてつらいが、今後も資料が良い状態で保たれるようにしたい」と話した。

【関連記事】
結核検査2200人に判定ミス 大阪府
カジュアル衣装に押されついに「有楽町西武」閉店の衝撃
京産大と大阪府立大連携、鳥インフルや食の安全で
WTCで橋下知事と各国総領事が交流
橋下知事が「神戸空港は失策」

<大脳>「臨界期」後でも機能変化 早期教育論に影響も(毎日新聞)
閣僚のヤジ・不規則発言、首相と官房長官が注意(読売新聞)
近く父と遠方に参ります 大石主税、討ち入り前に書状(産経新聞)
九州新幹線 全線開業は来年3月 新設の3駅名も決定(毎日新聞)
公設秘書の兼職横行190人、原則禁止なのに(読売新聞)
posted by フクイ シュウゾウ at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。