2010年05月27日

福島氏は首相判断尊重を=岡田外相(時事通信)

 岡田克也外相は25日午後の記者会見で、福島瑞穂社民党党首(消費者・少子化担当相)が沖縄を訪れ米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古周辺への移設反対を改めて表明したことについて「内閣の一員として、鳩山由紀夫首相が厳しい決断をしたことに一定の配慮があってしかるべきだ」と述べ、首相の判断を尊重すべきだとして批判した。
 外相は「日米合意文書を内閣として受け入れることを前提に議論している。月内に一定の結論を得ることは当然だ」と強調。また「今回の合意案には沖縄の負担軽減のためのさまざまな措置が盛り込まれる。(普天間が)1ミリも動かないとは思わない」と指摘、地元の理解が得られるよう努める考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜

<地籍調査>過去10年で実施5割未満 災害時混乱の恐れ(毎日新聞)
<小沢氏>発言、決断「どうなのか」 政権運営に疑問(毎日新聞)
<サクランボ>4年ぶり豊作 山形県の対策推進協予測(毎日新聞)
普天間問題で日米政府が大筋合意 辺野古沖に新滑走路(産経新聞)
「競輪」にも仕分けのメス…還付事業など「廃止」と判定(スポーツ報知)
posted by フクイ シュウゾウ at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。