2010年06月04日

日本病院学会を7月22、23日に開催(医療介護CBニュース)

 日本病院会は7月22、23の両日、岐阜市の長良川国際会議場など3会場で第60回日本病院学会を開催する。テーマは「医療人の協働と明日を拓く力―人間50年から100年へ―」で、22日には学会長を務める山田實紘・木沢記念病院理事長・病院長がこのテーマで講演する。

 22日は、日本病院会の堺常雄会長も「医療人の協働と病院医療の再生」と題して講演。また、舛添要一前厚生労働相が「日本の医療改革」をテーマに招待講演を行う。
 さらにシンポジウムでは、「中小病院は地域を守る―中小病院の複合事業化戦略―」「救急医療体制の再構築」「チーム医療・職能分担の功罪」をテーマにする。

 23日は、岐阜大大学院医学系研究科救急・災害医学分野の小倉真治教授、同大の佐治重豊名誉教授による特別講演や、医師で作家の海堂尊氏による市民公開講座が行われる。シンポジウムのテーマは、「望ましい生涯教育とは―各職種に求められるもの」「医療関連感染対策のあり方を考える―これまでにわかったこと、これから解決すべきこと―」。

 このほか、一般口演やワークショップ、ランチョンセミナーなどが行われる。

 22日は午前8時から受け付けを開始し、9時から開会式を行う。参加費は、一般1万2000円、学生2000円。また、22日の午後6時から行われる「医療人の集い(情報交換会)」に出席する場合は、参加費5000円が必要。


【関連記事】
新執行部の「みえる化」が課題−日病・堺会長
赤字解消につながる対策とは―県立病院長が講演
日病が新執行部披露パーティー
病院の規模で収入傾向が2極化―帝国データ
看護師以外の医療スタッフの役割も拡大へ

「島の結論出ている」=一斉に反発―鹿児島県・徳之島(時事通信)
<脱税>社長在宅起訴、著名絵画の売却益申告せず 津地検(毎日新聞)
【風】「インフル狂騒曲」日本だけ?(産経新聞)
自民、参院宮城で現職推薦へ(産経新聞)
O157集団感染 三重の高校119人に症状(産経新聞)
posted by フクイ シュウゾウ at 10:11| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

8万もらってOKしたら、ソッコーで全裸にされたぞ!!
そのままベッドに寝かされて、全身ペロペロの舐め地獄!!!!
最後、手 コ キされて噴水みたいにザ〜メソ発射しちまったよ(笑)

こんなんしてたらマジでMに開花しちゃいそうだぜ(*´Д`)ハァハァ
http://bnza51y.aZ.kaSiRa-D.net/
Posted by ここ攻めたがりの女多すぎ!! at 2010年06月05日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。